足ツボマッサージの効果的な方法
足ツボマッサージには効果的なやり方があります。ただ闇雲に押したり揉んだりするよりも、ちょっとしたコツを知ることで、その効果は何倍にもなります。効果的に足ツボマッサージを行える方法を紹介していますので、ぜひマスターしてくださいね。このサイトでは、足ツボマッサージ方法や注意点、症状別のやり方、効果のある人ない人、やってはいけない人などの情報も載せていますので、是非お役立てくださいね。
Top 足ツボマッサージの作用と注意点 ; > ツボ刺激法の歴史

ツボ刺激法の歴史

足ツボ療法が最近では人気がありますよね。
このツボ療法、実は非常に古い歴史を持っています。


ツボ療法は、主に針灸治療の発達とともに確立していきました。
針灸の起源は、古代中国になります。

今からおよそ2000年以上も昔、当時の人は体を治療するのに、身体の特定の場所を温めたり、あるいは石などで刺激したりするということで、治療効果があることをすでに知っていたのです。


医学者たちは、「どの場所に刺激を与えると、どのような病気に効果があるのか」という蓄積した経験を積み上げていきました。
ツボ療法は、実に膨大な経験と結果を基にした「経験医学」なのです。


そしてそれらの成果を一冊の本にまとめたのが、今日残る最古の医書『黄帝内経』です。

黄帝内経には、人体の生理や病理、養生法が記されています。
そして、針灸治療の基本となる経穴(けいけつ=ツボ)や、ツボを結んだ経絡、及び治療に関する理論などが解説されています。


こうした理論が中国から日本に伝えられたのは、414年と言われています。

その後、針灸が一般に広がるまでには時間がかかり、一般の人たちが針灸の恩恵を受けられるようになったのは、室町時代に入ってからと言われています。
そして、江戸時代には日本独特の針灸治療が生まれました。

明治維新以後、西洋医学の導入のなかで、江戸時代に発展をあげた針灸治療は、衰退していってしまいました。


鍼灸治療が再び注目されたのは、1972年、アメリカのニクソン大統領が訪中したときになります。
それは、ニクソン大統領が針麻酔を中国で受ける様子がテレビ放送されたのがきっかけでした。
これを機に鍼灸治療が見直されたのです。

最近では、レーザー針を針治療に応用されるようにもなりました。
30秒〜2分間ほど、ツボにレーザーを照射するというものです。


ツボ療法といっても、色々な歴史背景があるのですね。
でも、足ツボ療法に限らずツボ刺激というものが、私たちの体を楽にしてくれることには間違いありません。
是非、毎日の健康管理に役立ててくださいね。


五十肩対策!予防と治療 アロマテラピーの効果と資格 簡単ダイエット 肩こり解消法!体操とツボ 水宅配ウォーターサーバー
 
Copyright (C) 2008 足ツボマッサージの効果的なやり方 All Rights Reserved.