足ツボマッサージの効果的な方法
足ツボマッサージには効果的なやり方があります。ただ闇雲に押したり揉んだりするよりも、ちょっとしたコツを知ることで、その効果は何倍にもなります。効果的に足ツボマッサージを行える方法を紹介していますので、ぜひマスターしてくださいね。このサイトでは、足ツボマッサージ方法や注意点、症状別のやり方、効果のある人ない人、やってはいけない人などの情報も載せていますので、是非お役立てくださいね。
Top 足ツボマッサージの作用と注意点 ; > あんま、指圧、マッサージについて

あんま、指圧、マッサージについて

足ツボマッサージは「手」を用いた手技療法です。
東洋医学には、針灸療法のような道具を用いる治療法以外に、あんま、指圧、マッサージのように「手」を用いた手技療法があります。

足ツボマッサージもそのひとつですが、もともとは「手当て」という医療行為です。
お腹が痛いときにお腹に手をやったり、頭が痛いときにはこめかみを押していた、など、私たちは知らず知らずのうちに無意識に手を当てていることがあります。
「手当て」は人間の持った本能なのでしょうね。


「手当て」を基とした手技療法として体系づけられているものに、あんま、マッサージ、指圧などがあります。
手で身体の状態を診ながら、調子が悪い部分を発見し、治療するという点では、三者とも同じです。

それぞれの発祥地は、あんまは中国、マッサージはヨーロッパ、指圧は日本です。
またその方法の微妙に違っています。

あんまや指圧は、衣服の上から行うのが原則であるのに対し、マッサージは裸になって行い、皮膚に直接刺激を与えます。
また、刺激の方向では、あんまや指圧は身体の中心から末端へ向かって遠心性の刺激を与えます。
一方、マッサージでは、身体の末端から中心へと求心性の刺激を加えていく方法になります。


手技療法による刺激の方法は、大きくわけて「さする」「揉む」「こねる」「叩く」「振動させる」「押す(圧す)」の6つがあります。

このような6つの手技に対して、足ツボをはじめとする指圧は「押す」、あんまは「揉む」という手技が中心です。
直接皮膚を「さする」のがマッサージの基本であることから、マッサージでは、手のすべりをよくするために患者の皮膚にオイルやパウダーを用いることがあります。


あんま、指圧、マッサージ、どの手技も、「手当て」を基とした体を治療するために発展してきたものです。
それぞれに利点がありますから、自分で足ツボマッサージをするときには、あまり一つの手技に捉われることなく行ってよいと思います。


五十肩対策!予防と治療 アロマテラピーの効果と資格 簡単ダイエット 肩こり解消法!体操とツボ 水宅配ウォーターサーバー
 
Copyright (C) 2008 足ツボマッサージの効果的なやり方 All Rights Reserved.