足ツボマッサージの効果的な方法
足ツボマッサージには効果的なやり方があります。ただ闇雲に押したり揉んだりするよりも、ちょっとしたコツを知ることで、その効果は何倍にもなります。効果的に足ツボマッサージを行える方法を紹介していますので、ぜひマスターしてくださいね。このサイトでは、足ツボマッサージ方法や注意点、症状別のやり方、効果のある人ない人、やってはいけない人などの情報も載せていますので、是非お役立てくださいね。
Top 足ツボマッサージのやり方 ; > 指圧法の特徴

指圧法の特徴

手技療法の中でも指圧は、押すことをメインに行います。
同じ「押す」でも、あんまの場合とは、手技の方法に少し違いがあります。
あんまの場合、押して離すの繰り返しであるのに対し、指圧は持続的に力を入れるのが特徴になります。


では、家庭でツボ指圧をするときには、どのようにすると効果が期待できるのか見てみます。

指圧は、この持続圧が効果を生むといわれます。
この指圧の圧法は大きく分けて6つあります。
症状や押す場所に応じて、最も効果的な圧法を選ぶことが大切になります。


ツボ療法のなかでも、最もツボが集中している足ツボの場合は手軽に行えます。
しかし、手軽である反面、これらの全方法を使い分けることが大切になってきます。
特に、足ツボの場合は、指先と踵では圧法を変えることが必要ありますので、注意が必要です。


では、指圧の圧法について見ていきましょう。

1)通常圧法
親指の腹で2〜3秒押し行く方法です。漸増漸減圧が基本です。
徐々に圧を増して、徐々に抜いていくということですね。
最もポピュラーな指圧法になります。

2)持続圧法
5〜10秒間、手の平を使って圧を加え続けるという方法です。
眼球やお腹に行う場合に用いられる圧法です。。

3)緩圧法
ひとつのポイントを5秒押しては圧を抜き、再び5秒間押すという方法です。
同じポイントに何度か圧を加えるときに使う圧法です。

4)吸引圧法
手指と手の平の付け根を皮膚につけ、波を打たせるように指圧する方法です。
腹部の指圧に用いられることが多い圧法です。

5)流動圧法
左右の親指の腹で、リズミカルに指圧点を移していきます。
肩甲骨の間などのように、筋肉のシコリが長く連なっているような場所に用います。

6)集中圧法
ひとつのポイントを、指を重ねて重点的に押す方法です。
強いコリを取り除く指圧法です。


指圧といっても色々な方法がありますね。
さまざまな方法を組み合わせて、その場所、その人に合わせた指圧を心がけるようにしてくださいね。


五十肩対策!予防と治療 アロマテラピーの効果と資格 簡単ダイエット 肩こり解消法!体操とツボ 水宅配ウォーターサーバー
 
Copyright (C) 2008 足ツボマッサージの効果的なやり方 All Rights Reserved.