足ツボマッサージの効果的な方法
足ツボマッサージには効果的なやり方があります。ただ闇雲に押したり揉んだりするよりも、ちょっとしたコツを知ることで、その効果は何倍にもなります。効果的に足ツボマッサージを行える方法を紹介していますので、ぜひマスターしてくださいね。このサイトでは、足ツボマッサージ方法や注意点、症状別のやり方、効果のある人ない人、やってはいけない人などの情報も載せていますので、是非お役立てくださいね。
Top 足ツボマッサージのやり方 ; > ペアで足ツボマッサージ

ペアで足ツボマッサージ

足ツボマッサージは、自分でやってももちろん効果があります。
でも、信頼のおけるパートナーと一緒に、お互いの足ツボを指圧したりマッサージすることで、より効果が高くなると言われています。

これは、お互いの疲れを癒そうという気持ちが心をリラックスさせるという相乗効果なのでしょうね。

忙しい毎日のなかで、こういった時間を取るということは大切なことかもしれません。
仕事のことを忘れてお互いの体をいたわり、そして癒される。
きっと、心にも体にも大切な時間となることでしょう。


疲れが溜まってくると、寝ているときに急にふくらはぎがツルことはありませんか?
いわゆる「こむら返り」ですね。
こむら返りを予防する足ツボには、承山(しょうざん)というツボと、委中(いちゅう)というツボがあります。

承山はふくらはぎのほぼ中央で、委中は膝の裏の真ん中にあります。
これらのツボを親指で比較的強く押すことで効果が得られます。
パートナーのふくらはぎを、ちょっと体重をかけながら押してあげるとよいでしょう。


首や肩が凝っている場合には、パートナーの首の後ろを押してあげるといいですよ。
ちょうど、耳の後ろの骨の出っ張りの後ろの窪みのところです。
ここは天柱(てんちゅう)というツボで、髪の生え際のところになります。

親指の腹でゆっくりと押してあげてくださいね。
やや上に向かって押すのがコツです。
強さは痛気持ちいいくらいにしてくださいね。

自分ではなかなかうまく押せないツボなので、ペアで行うのが最適です。


また、肩の中央にある肩井(けんせい)というツボも効果があります。
肩井は、肩こりに効くツボです。
ちょうど、肩甲骨の内側の角の所にあります。

ここを親指の腹でゆっくりと、静かに押してあげてくださいね。
すごく気持ちいいですよ。^^
コリコリと硬く痛い部分がある場合には、その周辺を親指を除いた4本の指の腹で静かにマッサージするといいでしょう。

寝る前の習慣とすると、1日の疲れが取れてお勧めです。
是非試してくださいね。


五十肩対策!予防と治療 アロマテラピーの効果と資格 簡単ダイエット 肩こり解消法!体操とツボ 水宅配ウォーターサーバー
 
Copyright (C) 2008 足ツボマッサージの効果的なやり方 All Rights Reserved.