足ツボマッサージの効果的な方法
足ツボマッサージには効果的なやり方があります。ただ闇雲に押したり揉んだりするよりも、ちょっとしたコツを知ることで、その効果は何倍にもなります。効果的に足ツボマッサージを行える方法を紹介していますので、ぜひマスターしてくださいね。このサイトでは、足ツボマッサージ方法や注意点、症状別のやり方、効果のある人ない人、やってはいけない人などの情報も載せていますので、是非お役立てくださいね。
Top 足ツボマッサージの効果 ; > 不眠症と足ツボマッサージ

不眠症と足ツボマッサージ

足ツボマッサージは、不眠症にも効果を期待できます。
ここでは、不眠症と足ツボマッサージについて見ていきます。


眠れないというのはつらいですよね。
でも、いくら不眠症でも全く眠れないというわけではありません。
夜、寝る時間に眠れないということなんですね。
だから、昼間に眠くなったり、ボーっとしたり、頭がハッキリしなくなるんです。

どれくらい睡眠をとればいいかは、個人差がありますので、一概には言えません。
しかし、昼間に頭がボーっとしたり、身体全体が重い、けだるいなんているときは、眠りが足りていないか、睡眠の質が良くないのかもしれません。


このようなときは、自律神経のバランスが崩れている可能性があります。
足ツボマッサージやツボを刺激することで効果が得られることがありますので、不眠に効くツボ刺激を紹介します。

高ぶっている神経を休めるためは、頭の百会(ひゃくえ)や耳の後ろの完骨(かんこつ)のツボが効果的です。
背中の隔愈(かくゆ)というツボも、自律神経の狂いを正し、イライラした気持ちを鎮めるツボとして使います。
百会は、頭のてっぺん、左右中央の線上にあり、完骨は、耳の後ろの骨のうしろの窪んだ所です。


また足ツボでは、足のくるぶしの中封(ちゅうほう)を集中的に刺激するといいでしょう。
中封は神経症によく効くツボです。
この中封は、内くるぶしの頂点から、足の甲の方向へ斜めに下に指でさぐっていった窪みのところです。


その他、寝つきを良くするために、足の裏全体をよく揉みほぐすようにすると、からだ全体がリラックスしてきますので、効果的です。


不眠は、ストレスが原因でとなることもあります。
ですから、ツボ刺激だけでなく、生活環境を整えることも大切になります。

昼はよく身体を動かすようにして、夜は気持ちがリラックスするように静かに過ごすといいでしょう。
ホットミルクにちょっとお砂糖を加えて甘くして飲んでもいいかもしれませんね。
心が和みます。

きっと気持ちがホッと落ち着くと思いますよ。


五十肩対策!予防と治療 アロマテラピーの効果と資格 簡単ダイエット 肩こり解消法!体操とツボ 水宅配ウォーターサーバー
 
Copyright (C) 2008 足ツボマッサージの効果的なやり方 All Rights Reserved.