足ツボマッサージの効果的な方法
足ツボマッサージには効果的なやり方があります。ただ闇雲に押したり揉んだりするよりも、ちょっとしたコツを知ることで、その効果は何倍にもなります。効果的に足ツボマッサージを行える方法を紹介していますので、ぜひマスターしてくださいね。このサイトでは、足ツボマッサージ方法や注意点、症状別のやり方、効果のある人ない人、やってはいけない人などの情報も載せていますので、是非お役立てくださいね。
Top 足ツボマッサージの効果 ; > 足ツボマッサージと坐骨神経痛

足ツボマッサージと坐骨神経痛

足ツボと坐骨神経痛について見ていきます。

坐骨神経痛は、神経痛の一つです。
神経痛に悩む人のなかでも、最も多くみられるのが、坐骨神経痛だそうです。
坐骨神経は、腰から出ている太くて長い神経です。
体の体重や負担がかかりやすいところですので、圧迫を受けやすく、障害がでる可能性が高いところなのです。


坐骨神経痛は、その神経の走行に沿って痛みが出ます。
お尻が痛いという場合、ひどくなると太ももからふくらはぎへと、その坐骨神経の走る方向に沿って足の裏側が痛くなります。

椎間板ヘルニアなどの疾患が無い場合には、ツボ刺激療法を試してみるといいと思います。
坐骨神経に沿って軽く押してみると、気持ちよい刺激が得られると思います。
このようなときには是非やってみてくださいね。


では、簡単にツボ刺激やり方を紹介します。
神経にそってさすっていってください。「これから刺激しますよ」という体へサインを送ります。
そのあと、足ツボ刺激を始めます。

はじめは軽めの刺激からはじめ、徐々に体重をかけるように指圧していきます。
強さの度合いは、痛気持ちいいくらいまでにしてくださいね。
また、直接灸やしょうが灸を据えるとより効果が倍増しますので、試してみるのもいいかもしれません。


またお風呂に入って足腰を温めながら、痛いところを軽く指圧したり、ブラシなどで叩いて穏やかな刺激を与えるのも効果的です。

痛みは、精神が不安定なときに強まるといわれています。
リラックスして温泉に入るなんていうことも効果的ですよ。


また、委中(いちゅう)ツボが坐骨神経の特効ツボとして有名です。
委中は、膝の裏側の真ん中です。膝関節を曲げたときにできるしわの中央部分ですね。

毎日、寝る前などに押してみるといいと思いますよ。
程よい心地良さを感じられるくらいの刺激を与えることで症状が改善してきます。

ツボ療法は症状が軽い早期の段階から始めることが大切です。
痛みがひどくならないうちに、毎日の習慣にすると良いと思います。

信頼のおけるパートナーに刺激してもらうと、気分も安心でき、さらに効果が倍増しますよ。^^


五十肩対策!予防と治療 アロマテラピーの効果と資格 簡単ダイエット 肩こり解消法!体操とツボ 水宅配ウォーターサーバー
 
Copyright (C) 2008 足ツボマッサージの効果的なやり方 All Rights Reserved.