足ツボマッサージの効果的な方法
足ツボマッサージには効果的なやり方があります。ただ闇雲に押したり揉んだりするよりも、ちょっとしたコツを知ることで、その効果は何倍にもなります。効果的に足ツボマッサージを行える方法を紹介していますので、ぜひマスターしてくださいね。このサイトでは、足ツボマッサージ方法や注意点、症状別のやり方、効果のある人ない人、やってはいけない人などの情報も載せていますので、是非お役立てくださいね。
Top 足ツボマッサージの作用と注意点 ; > 足ツボマッサージをしてはいけない人

足ツボマッサージをしてはいけない人

足ツボマッサージは、健康を維持するためには大変有効な手段です。
しかし、すべての方に有効というわけではありません。
一部、足ツボマッサージをしない方がいい方、してはいけない方、また、しても効果が期待できない場合があります。
ここでは、足ツボマッサージをしても意味がない場合、してはいけない状態の方について見ていきます。


通常の腰痛では、足ツボマッサージを丹念にすることで、改善する効果が得られることがあります。
しかし、この効果が期待できるのは、姿勢の悪さや不慣れな動作によって起こった腰痛や、長時間の運転、準備不足の運動によるものです。

老化による変形性脊椎症などの骨の異常で起こる腰痛に関しては、足ツボマッサージはおろか、全身のツボでも効果は期待できません。
また、胆のう炎や癌、腎臓病でも腰痛は起きることがあります。
こういった場合、ツボ刺激では効き目はありません。

むしろ、効かないままツボ刺激に頼っていることで治療が手遅れになる、なんてことにならないよう注意が必要です。


また、普段の生活の中でも、足ツボマッサージをしない方が良い場合があります。
その注意点を見ていきましょう。

・熱があるときや極端に身体が衰弱しているときは、避けたほうが良いでしょう。

・治療の前後は、すぐに入浴したり飲酒をするのは避けるようにしましょう。

・治療の後は、身体の老廃物がスムーズに排出されるよう、水分を十分に摂るようにしましょう。

・治療になれていない人の場合、好転反応といって、治療後に身体が重だるくなったり、熱っぽく感じたりすることがありますが、ほとんど場合、翌日には消えますので心配は要りません。
身体が慣れてくると、徐々にこのような症状は消えてくるでしょう。

もし、この反応がなかなか消えない場合は、刺激量が多すぎるのかもしれません。
足ツボマッサージの刺激量を調節したほうがいいでしょう。


足ツボマッサージをしてはいけないときを見てみましょう。

足を怪我している場合、脳出血、脳血栓の直後、心臓病や重い腎臓病、悪性腫瘍、妊娠中、不整脈がある場合などは刺激してはいけません。


このように、足ツボマッサージでは禁忌とされる状態の方もいます。
誰でも彼でもやっても大丈夫というわけではありません。
手軽にんできる反面、こういった部分を見逃しがちになります。
十分注意をして、足ツボマッサージで健康になってくださいね。


五十肩対策!予防と治療 アロマテラピーの効果と資格 簡単ダイエット 肩こり解消法!体操とツボ 水宅配ウォーターサーバー
 
Copyright (C) 2008 足ツボマッサージの効果的なやり方 All Rights Reserved.